ガラス交換を行ない、本を綺麗に保管できる書斎にする

ガラス交換で快適な書斎へ

本にとっての最適環境を考える

大事に保管してきたはずの本を久しぶりにめくったとき、中のページが抜け落ちることがあります。本が好きな人は新刊だけでなく、絶版になった古書や資料も書斎に多く保管しているでしょう。綺麗に整理してもダメージを受けることがあるので、本を長持ちさせる環境を知り保管する際のヒントにしましょう。

本を長持ちさせる環境Q&A


本の保存で注意することは?
主に紫外線による日焼け、虫、湿気、ホコリになります。光は印字を劣化させ、退色や変色を招きます。紙でできているため湿気を吸いやすく、それによってホコリも吸着しやすくなります。カビが生えると分解されて消えていきますし、傷んだ本は特にシロアリが好むため注意が必要です。
本を置く書斎に最適な温度や湿度はどれくらい?
結露が起こったりカビが繁殖したりしない温度と湿度が大事です。室温16~22度、湿度40~60パーセントが望ましいとされているので、できるだけこの範囲内をキープしましょう。ガラス交換を行なったり除湿機を利用して対策できます。
虫やホコリの対策はどうしたら良いでしょうか?
定期的に換気することで空気中のカビを追い出し、衛生的な室温と湿度に調整できます。しかし、季節によって難しいときがあるので、虫やホコリが発生してしまったときは、書斎から一度書籍を移動し、掃除機や燻蒸剤、空気清浄機を使い対策しましょう。書籍の中に虫が潜んでいることが多いので、たまに本をめくって状態を確認すると良いです。

本の日焼けを防ぐオススメ対策

ガラス

大切な本の日焼けを効果的に防ぐには、ガラスを紫外線カットタイプに変える方が良いでしょう。紫外線カットガラスはお手入れが簡単なので、併せて紫外線カットコーティングやフィルムを用いる際も、作業が行いやすいと思います。本に防湿・紫外線カットシートをつける方法もあるので、これらの方法を積極的に活用すると良いでしょう。本の修復を行なっている業者もあるので、書斎のガラス交換だけでなくそうしたサービスを受けてみても良いかも知れません。

TOPボタン