ガラス交換で魅力的な書斎を目指す

ガラス交換で快適な書斎へ

快適な書斎の作り方

本を大切に扱える環境は、人間にとっても過ごしやすい環境と言えます。ガラス交換などを行ない、快適な書斎を作ることで読書の時間や仕事が有意義なものになるでしょう。プライベートな空間として、ゆっくりできる環境に整えていくと良いと思います。

本にも自分にも快適な書斎を作るポイント

書斎には大好きな本やインテリア、小物やビジネス雑貨などを置くかと思います。広さが限られているため、保管したいものが多ければ多いほど、置き方や並べ方、保管方法に困るでしょう。近年は地震が増えているため、中でも大事な本や普段読まない本を予めブックケースに入れて置いてあるという人も増えてきました。いざというときに持ち出しやすいように、書斎に工夫して保管することはガラス交換と同じ位大事です。頻繁に開く本やアイテムは手と届く範囲内にスッキリ並べて起きましょう。物を密集して置くと通気性が悪くなり、カビや虫、ホコリ等のトラブルが発生しやすくなります。必要なものだけを見える所に出し、本にとっても自分にとっても快適な書斎を作りましょう。

もしも本が傷ついたら?本の補修フロー

窓ガラスから直射日光で本が傷ついた時は、下記のような補修を行なうことで被害を最小限にとどめることができます。

必要なものを用意する

日焼けしてしまった本と紙やすり(粗目と細目)、当て木(平らな板状のもの)、新聞紙などを用意します。全て100円ショップやホームセンターで購入可能です。

均等にかけられるやすりを作る

やすりをかけるときに力が均等に分散されないと、かえって紙を傷めてしまいます。当て木などの平らで硬いものに紙やすりを巻きつけて使用します。身近にあるものとしてシャーペンの替芯ケースも使いやすいでしょう。

やすり掛けと仕上げ

本のカバーを外し、日焼けした部分を当て木に巻いたやすりで磨いていきます。このとき本が動かないように、一方を壁などに固定すると作業がしやすいです。荒い目のやすりで磨いた後は、細い目のやすりに変えて同じように磨いていきます。粉がページの中に入ると思うので、磨き作業が終わったらペースを数回めくり、粉を落とします。

TOPボタン