ガラス交換で書斎の紫外線をカットして本を守る

ガラス交換で快適な書斎へ

紫外線をカットするには?効率的なカット方法紹介

紫外線をカットするには、ガラス交換以外にも様々な方法があります。これらを組み合わせることでより効果を得られるでしょう。効果的に本や書類を守るためのグッズを紹介します。

紫外線カットの方法

紫外線カットガラス
書斎の窓におすすめのガラスです。ガラス自体に紫外線吸収剤が入っているため、高い紫外線カット効果があります。また、お手入れも簡単なので、衛生環境も維持しやすいのが特徴です。高機能ガラスとして、紫外線をカットするだけでなく夏は涼しく冬は暖かに過ごせる機能が付いています。結露防止ができるものもあるので、住宅全体の機能を高められるでしょう。
紫外線カットフィルム
わずか50マイクロメートルの中に高分子素材の膜を200層以上積層し、それらの膜が不要な波長である紫外線を遮断します。「窓用遮熱フィルム」とも呼ばれていて、赤外線を90パーセント以上、紫外線を99パーセント以上カットできるため、書斎で利用すれば本の日焼けを防ぐことができるのです。可視光線透過も10数パーセントカットしてくれるので、照り返しなどの眩しさも軽減してくれます。
UVカットカーテン
書斎やリビングの窓は大きいため、光を多く取り込み部屋に明るさをもたらします。しかし、それによりインテリアや本が劣化してしまうことも事実です。日差しの強い時間帯や季節、ゆっくり休みたいときはUVカーテンを利用すると良いでしょう。UVカーテンに使われている糸は特殊な形状になっていて、可視光線と紫外線光を跳ね返すことができます。ガラス交換後にこのカーテンを取り付ければ、相乗効果を得られるでしょう。
窓ガラスコーティング
「窓ガラスコーティング」とは、窓ガラスにコート剤を塗布したりフィルムを貼ったりすることで、断熱・結露・紫外線の対策ができるものです。窓コーティングを行なうことで二重窓と同じ効果が得られるので、ガラス交換を考えていないという人も、利用しやすいかと思います。

こうした方法を複数組み合わせることで、紫外線カット効果をより引き出せます。どれも基本的にお手入れがしやすいので、積極的に書斎で利用すると良いでしょう。

TOPボタン